海岸被災状況

2009年11月20日 (金曜日)

五島海岸の状況!!

先月の台風18号で、遠州灘の各海岸でもかなりの被害を受けた

御前崎では、原発道路が大きく陥没して現在、仮の道路を走っている日が続いており、大東千浜砂丘ではとりあえず、堆砂垣の災害復旧待ちです

しかし海岸の汀線自体は波浪による、海岸侵食はかなり浜崖ができたが、削れた砂が寄与して汀線は維持をしている、しかし勾配がなくなり事実上かなりの侵食量である

浜松海岸の状況としては、篠原海岸は汀線こそ維持していたが、勾配はほとんどなくなり、一昨年入れられた離岸堤の2号基は、東半分がほとんど崩れトンボロ現象が起きにくく、離岸堤の東が深くなり、侵食が進んでいる状況、

また五島海岸については今回の台風により新たな問題が発生している、それは今年五島の海岸の海岸防災施設(消波堤4基)の嵩上げを行ったが、今回の台風18号時、その嵩上げ箇所の波浪による防潮堤の越波を確認した

波は堆砂垣を壊して、海岸保全林の中へ約150m進水した

離岸堤自体あまり環境にはよろしくないが、もし今回これがなかった時のこと考えると恐ろしい事態になってたかも、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月曜日)

台風の被災状況

昨日、台風の被災状況を見に行ってきました

今回の台風は、遠州灘各所へ爪跡を残して行きましたが、浜松の海岸以外状況を見てなかったので、昨日ちょっと見に行ってきました。

まずは御前崎と大東千浜砂丘を視察、御前崎は灯台前の道路決壊箇所からメイン、坂下、尾高、白羽、シャークの侵食箇所と浜岡原発東の堤防の一部損壊箇所と大東千浜砂丘の侵食を見に行ってきました

道路の決壊箇所については、補修が進むもの通行の見通しはたたず

写真を撮った後、ちょっと散策!バイ貝のパーフェクトみっけぇ(≧∇≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)