« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土曜日)

涼しげな話題です

今日も暑い、うだるような暑さでとても外へ出る気分ではないですが、今日は鎌倉から涼しくなる様な本が届きました。

とは言ってもオカルトや怖い話ではなく、アウトリガーカヌーやスタンドアップパドルボードなど海のパドラー本です。

英語が並んで全く読めないけど、写真を見てるだけで涼しくなります

今日も最高のパドボ日和、熱中症注意!!

Ca3b0611

良いなあ、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金曜日)

ビーチコーミングしました

今日は久々にビーチコーミングをしました。

場所は浜松篠原海岸、タコ場~イカ場、昨日の大荒れでずいぶんと漂着物が多いみたい、今日はかなり中国系のゴミが多く、ペットボトル・ライター・漁具が特別多かったねー

ヤシの実もありましたが、ちょっとクサレ気味だったので置いてきました

Ca3b0605 Ca3b0553 Ca3b0557 Ca3b0564 Ca3b0567 Ca3b0572 Ca3b0573 Ca3b0577 Ca3b0579 Ca3b0591 Ca3b0584

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日曜日)

清水海岸(三保の松原)のフォーラムへ行ってきました

今日は、清水海岸(三保の松原)のフォーラムに行ってきました

一昨日、県から情報が入ってきて、今日の予定をすべてやめて清水(三保の松原)まで行ってきました。

早く出たので、あちこちの海岸を覗きながら、またいろいろ話を聞きながら、のんびり行ってきました

まず最初は大東千浜、サーファーと釣り客、地引網で賑わっていました。地形も良くまた遠浅の海岸はサーフィン、釣り、海遊びには最適、また防災の面からみても良い環境と言えます、しかし残念なことに車が走るためのものか、皆が堆砂垣を付けてたまった砂の上に土が引いてあり、景観としては悪いものになっていました。菊川河口から東P前まではすごく砂が入っていて、良いポイントになっている

次は御前崎、シャークからメインまで所々侵食による護岸の損壊が見られるが、シャークなんかは放水口の東から正面あたりは、砂浜幅は増えたが海のなかはドン深で波はナシの状態

静波は湖、現在の篠原よりは良いが微妙なところ、この時期暑いから海へ入るっちゅうならアリかな、でも整備が進んで様が変わりました

久能海岸の150BP、最高の景色ですね

三保の松原はすごい、これぞまさに浮世絵の世界、日本の海岸というものを感じさせる景色、世界がありました

Ca3b0501 Ca3b0503 Ca3b0507 Ca3b0514 Ca3b0520 Ca3b0527 Ca3b0528 Ca3b0522 Ca3b0538 Ca3b0538_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水曜日)

取材に来ました!!

昨日、静岡新聞が取材に来て、本日の朝刊に掲載されていました。

また、今日はNHKが突然取材に来ていて、少し驚きました、突然でしたので何の準備もしていなく恰好も短パンとTシャツで、またしゃべる内容もまとめてなかったので、ちょとかんでしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月曜日)

はまうみ博物館in浜松総合庁舎!!

こんにちは、いよいよ始まりました

はまうみ博物館は、今日から浜松の総合庁舎にて開催致しております。

見に来た方で一番興味を持たれていたのは、やっぱ航空写真、次に漂着ごみ、貝殻でした。

Ca3b0405_2 Ca3b0410_2 Ca3b0404

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金曜日)

海の日のポスター

先日、海事広報協会から、7月19日の海の日のポスターが、35枚ほど送られてきたので浜松市内のうちの会の関係各所(各小中学校、各行政、コンビニ、病院)へ掲出をしていただきました。

海があるのに、海への関心がほとんどなく、海が無いような状況から脱するため、せめて海の日があるという事くらい知っていただくための活動です

Ca3b0372

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜松海岸の環境整備構想について

先日、海岸の事でお話をしていて、海岸に駐車場とトイレが欲しいよね、っていう話になって良い議員を知らないと聞かれたので、俺は基本的に議員を入れて何か話をしようと言うのが嫌いなのでどうせなら、これだけのサーフィン人口の多い浜松だから人材も豊かなので、自分たちでやれるかも、、ただ後の管理が問題だけどって話をしました。

平成15年に発足した海辺づくり会議もここ6年くらい放置状態になっており、誰が委員だったのかも、忘れるくらい何の音沙汰もなし、この間に行政は五島でいろんな工事を行ってますが報告もないまま、刻々と時がすぎて行きます

浜松市には、サーフィン、釣りなどのレクリェーションの場やコアジサシやアカウミガメなどの産卵、生息の場にもなっており、かつては日本三大砂丘と呼ばれた遠州大砂丘など、長大な砂質海岸を持つ遠州灘の中心に位置する、浜松篠原海岸と浜松五島海岸の約14kmがあり、観光として訪れる人も少なくない。

こんなにすばらしい自然豊かな海岸を持っていながら、この海岸のを知っている人はごく一部の人で、後の人は無関心、また海の存在を知らない人が多いと思う

健全な利用がされない、沿岸部をゴミ捨て場と勘違いしている人が多い事から、うちの会でも様々な活動をしてきた、また他の会でも清掃活動や堆砂垣の設置など、できることで海に恩返ししてきた、しかし浜松の海岸について行政はとりあえず防災という事で離岸堤設置や養浜事業などで実施しているが他の事ではどうだろう?ゴミや駐車場問題など、とりあえず問題が起きないと動かない、最近は少し改善されたが、そんな体質は昔からのこと、だけど私たちは程近い所に住み、常に出入りしている事からその問題と常に向き合っている

現場にいる人間が一番強い、知識ばかりあっても現場を知らなくちゃ俺たちに対して何の説得力もないよ、よく学識者に対して言う言葉です、大学なんて出てなくても、20年続けたらそれなりの専門家になれる、ある学識者のいった言葉です。

この度、浜松海岸の環境整備のための委員会を立ち上げるための準備会を計画してる、浜松の海岸はこのままでは荒れ放題、ゴミだらけの恥ずかしいものになってしまうので皆さんの協力が必要になります

詳細はまた後日!

Ca3b0381 Ca3b0385

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »