« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月27日 (土曜日)

海岸法について!!

今、千葉県の一宮海岸にて、海岸養浜事業と言うより、海岸の保全事業の施工に伴い、地域住民や利用者と行政の間で、少しばかり意見の相違があるようです。
詳しい事はわからないが、どうやら工事の施工に伴い説明会や公聴会などを開催せずに、地域住民や利用者の声と言うものを十分に反映されないままに、工事が始まってしまったことらしい、本来であるなら各海岸においては、海岸法に基づいて基本計画の策定、それに伴い委員会の設立、そしてさらにその下へ地域住民や利用者などの声を反映させるための組織作りや説明会の開催は義務付けられています。
遠州灘も海岸の基本計画があり、また侵食対策検討委員会や海辺づくり会議なども充実している。
何をするにも慎重に且つ、常にモニタリングをしながら事業を進めてくれてます。
今日は写真のかわりに法律のお勉強をしたいと思います。
とりあえず地域住民や利用者の声を反映させなさいと言うところを載せときますね
・第2条の3 都道府県知事は、海岸保全基本方針に基づき、政令で定めるところにより、海岸保全区域等に係る海岸の保全に関する基本計画(以下「海岸保全基本計画」という。)を定めなければならない。
 都道府県知事は、海岸保全基本計画を定めようとする場合において必要があると認めるときは、あらかじめ海岸に関し学識経験を有する者の意見を聴かなければならない。
 都道府県知事は、海岸保全基本計画を定めようとするときは、あらかじめ関係市町村長及び関係海岸管理者の意見を」聴かなければならない。
 都道府県知事は、海岸保全基本計画のうち、海岸保全施設の整備に関する事項で政令で定めるものについては、関係海岸管理者が作成する案に基づいて定めるものとする。
 関係海岸管理者は、前項の案を作成しようとする場合において必要があると認めるときは、あらかじめ公聴会の開催等関係住民の意見を反映させるために必要な措置を講じなければならない。
 都道府県知事は、海岸保全基本計画を定めたときは、遅滞なく、これを公表するとともに、主務大臣に提出しなければならない。
 第2項から前項までの規定は、海岸保全基本計画の変更について準用する。
引用:海岸法より
現在、海岸法も利用、防護に環境と言う部分も加えられており、車の乗り入れや焚き火?などの規制も行っているところもあるが、まだまだ海岸法を適用した海岸の規制については行っているところが少なく、やりたい放題の海岸利用に頭を抱える行政やボランティアへの負担が減らないのが現状である

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木曜日)

愛車が壊れました

最近、愛車のデリカの調子が悪く、修理屋通いが続いていたが、いよいよ壊れました。

再来月、車検を控えていたが、ちょうど良かったのかも、今修理屋に手頃な4駆があったのでそれに変える予定、とりあえず当分は代車だけど活動には支障はありません。

明日は、篠原小の子供らの学習発表があり私も見学にいく予定!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月曜日)

今年も不漁!!

今日はバイト後、篠原へ寄った後、久々に五島海岸へ、養浜の進み具合もあるし、ワカメの状況も気になっていたので、ちょっと寄って来ました。

工事関係者に言って、入れてもらい、ウェットに着替えてブーツを履いて手袋を着けて、いざ海へ、毎年採っている場所へザブザブ、テトラの前まで泳いで行ってきました、が予測はしていたけど、ワカメは全くなく、オゴノリとハバノリばっかり、今年もここはダメみたい!

話は変わって、養浜の進み具合だけど五島海岸の松島町地先と篠原海岸の中田島町地先への養浜はほぼ終了、残すは五島の西島町地先、とりあえず現事業は3月4日を目途に施工され、後別の工事が入る予定!!

当初の予定より、天竜川からの発生土砂の量が多く、養浜工事の期間が長くなりそうです。

Dscf0269 Dscf0276 Dscf0278 Dscf0291 Dscf0307 Dscf0285 Dscf0309 Dscf0317 Dscf0326 Dscf0333

また現在、五島海岸の松島町地先にてブロックの製作を行っています。

これは、汀線での消波のために投入されるものではなく、西遠浄化センター前の海岸の侵食により管理道路が被災しない様、根固め工に使用されるもので、6tと小さいちなみに名前は「シーロック」と言う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月曜日)

可美中でレクチャーしました。

今日はバイト後、浜に寄ってジャンベの練習、心地よい風が吹く中、波が崩れるのを見ながら、無心で叩いてました。

まだまだジャンベのリズムが自分なりに開発出来ていないので、とりあえず知っているリズムを叩きまくっています。

それはそうと今日から、可美中のhamaumi博物館にて私の漂着物雑学を開催いたしており、今日は12人くらい聞きに来ていました。

写真は篠原と犬小屋です

今日、2年前に犬小屋まえに埋めた、アカウミガメを掘り起こそうと、スコップで掘ったけどわからなかったので、どこかに書いてある地点情報を探して再度チャレンジしようと思う

Dscf0004 Dscf0013 Dscf0021

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土曜日)

不法投棄!

今日は、いつもより仕事が早く終わったので、久々に夜中のパトロールを実施!

っていうのがメインズ前(篠原西P)に見に行った時、また大量の不法投棄(銅管の剥いた皮)が捨てられておりちょっと、見とかないとまずいなって、、、案の定、坪井の放置車両の周りや浜名BP沿いにも不法投棄が増えていました。

年度末が近いっていうのもあるし、やっぱハード面での対策も必要かぁ?

警備が手薄になると、それを知っていたかのように不法投棄が増えるんだよね。

Dscf9994 Dscf9996

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月11日 (木曜日)

浜幅検測3と啓発用看板盗難!!

今日はあいにくの雨でしたが、風がなかったので浜松篠原海岸の浜幅を測りました。

篠原の東250m~新犬までの6地点の幅を測りました

・篠原東(中田島から7km地点):152m ・五郎兵(6,75km):154

・五郎兵東(6.5km):129,5m  ・犬小屋(6,25km):128m

・篠原東排水機場132m        ・新犬小屋:140m

[不法投棄の状況]:

・篠原P西の角へ紙屑とスチロール類

・篠原西P:周りにポイ捨てゴミ類、東保安林内へ建設廃材、コンクリートガラ

[今日の出来事]

・やられましたぁ、昨年度、篠原小学校の5年3組の子ら4人と、ゴミのポイ捨て禁止の啓発用看板を篠原町内へ4ヶ所(新犬、犬小屋、篠原、メインズ前)に立てたのですが、昨日か今日のうちに、犬小屋の看板が杭ごと丸ごと抜かれ持って行かれました。

何てことをしやがる、、子供らがいっしょうけんめい付けたものを、、、。

しばらく周りを見回りましたが、発見できませんでした。設置時に子供たちに、この看板は俺がずっと守って行くからと、約束したのに残念です。

また折を見て新たに立てようと思います。

・それと篠原町の海岸は、中田島町の海岸から約7km離れていますが、結構石が多くあり、見ると薄っぺらの物が多い。

・あいかわらず、浜名BP沿いの不法投棄はひどいです。

Dscf9890 Dscf9895 Dscf9909 Dscf9911 Dscf9913 Dscf9919 Dscf9940 Dscf9945 Dscf9968 Dscf9973 Dscf9984 Dscf9988

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月曜日)

Hamaumi博物館in可美中学校!!

今日から、浜松市立可美中学校にて、はまうみ博物館を開催いたしております。

昨年と同様、職員室の前の廊下を借りました。

展示している最中、昨年レクチャーを受けた子が遊びに来てました。

今月いっぱい開催いたしております。

Dscf9855 Dscf9862 Dscf9863

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金曜日)

ご無沙汰です。

風邪でダウンしてました、なんか今年の風邪は腰に入るらしく、私も熱で腰が抜けてバイトと本業を2日間休んじゃいました。

今も咳が抜けず、腰も痛い、かなりしつこいみたい

それはさておき、今日までの状況や出来事などをまとめて載せます

○坪井の管理広場へ放置車両一台やられ、また早くもその周りに不法投棄が、、。

○新犬小屋は土手の上まで車が入り、保安林内へ不法投棄が増えている

○篠原小のhamaumi博物館が2月1日終わり、2月8日から可美中学校での開催になります

○現在の養浜工事の進み具合、 

浜松五島海岸、松島町地先:現在ダンプ70台37,000㎥  

・浜松篠原海岸、中田島町地先:在、ダンプ20台約40,000㎥

○メールでこういうのが来てました「海岸漂着物対策を総合的かつ効果的に推進するための基本的な方針」(案)に対する意見の募集(パブリックコメント):環境省:報道発表資料

○海岸環境白書(静岡県海岸環境行動宣言)みたいなのを作りたいと思い、複数の方に相談しました。

はまうみの活動はこんな所かな、

それと今日、自宅の庭の写真を撮りまくりました、春満載です。

H220201_3_3H220201_5 H220201_6 H220203_3 H220205_6 H220205_8 H220205_28 H220205_30 H220205_32 H220205_38H220205_10 H220205_23   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »