« 篠原の海岸と管理広場!! | トップページ | 浜松五島海岸の養浜工事と飛砂の状況!! »

2010年1月23日 (土曜日)

中田島砂丘の状況と啄木鳥!

今日は、午後から遠州灘プロジェクトのシンポジウムなので、海岸の重要なところを見て置かなくてはと中田島砂丘の前面と内面、離岸堤3号機の設置工事を見に行ってきました。

かなりすごい発見がありました。

とりあえず、中田島砂丘の中には海岸の砂は入って来ない、砂丘内の砂は海岸線には出ていくことはないという完全に中田島砂丘と中田島町の海岸とは一本の線で線引きしていたのが、これまでの私の基本的な考えでした

しかしうれしい事に今日は、1箇所約35mの延長幅がライン割れをしているのに気がつきました

その背景には、やはり堆砂垣を続けてやって来られてきた努力の証だと思う、まだほんの少しだが中田島砂丘の復活の兆しは見えているが、内面が悪い、西側に浜松市でつけたデカイ要塞のような堆砂工が原因で、市民でつけた堆砂垣が無駄になっているものが多い。

あの堆砂工があることで、西からの供給がない限り、中田島砂丘内での堆砂垣の設置は無意味なものになるだろう

また離岸堤3号基の方は、既にシェークブロックの投入も始まって、今日も設置工事に来ていましたが、前に書いたように既にトンボロ現象は始まっており、上手側はもちろんのこと、下手側にもかなり寄与されているようです

あと養浜事業ですが、篠原海岸については現在総計で26,000㎥位の搬入が終わっています。

また汀線を見たときになんか漂着礫の量が少ないなぁと思っていましたが、昨日より礫の除去作業が始まっているそうです。

それと今日たこ場の、保安林内で啄木鳥を2羽見ました、最近すっかり姿を見なくなった啄木鳥、松くい虫の唯一の天敵と呼ばれている啄木鳥が少しは松枯れ問題に貢献してくれるとうれしいですね

もう一つ、今日の午後は、遠州灘プロジェクトのシンポジウムがあり、いつもよりは多くの意見が出て、まあまあよかったかなって思います。

H220123_4 H220123_8 H220123_12 H220123_18 H220123_38 H220123_35 H220123_44 H220123_77

Dscf9382

|

« 篠原の海岸と管理広場!! | トップページ | 浜松五島海岸の養浜工事と飛砂の状況!! »

海岸環境問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53728/33103216

この記事へのトラックバック一覧です: 中田島砂丘の状況と啄木鳥!:

« 篠原の海岸と管理広場!! | トップページ | 浜松五島海岸の養浜工事と飛砂の状況!! »